ブランクのある看護師の転職

深刻な看護師不足の今、潜在看護師の発掘が求められています。
医療機関や介護施設では、ブランクのある看護師も積極的に採用しようとする動きが見えます。
求人広告では、ブランクがあっても入職を歓迎する医療機関や、中途採用者への指導体制を強化している勤務先が多く見られます。
このような状況の中で、ブランクのある看護師はどのような点に注意して転職活動を行えばいいのか、解説していきます。

ブランクの年数は人それぞれです。
ほとんどの看護師が、臨床経験を経た後に、結婚や出産を機に退職をして、家庭に入っています。
育児がある程度落ち着いた頃に、仕事と家庭を両立しながら働きたいと希望し、転職活動を始めるケースが多いようです。
転職の際に抱く不安で一番多いのが、臨床から離れたことで忘れてしまった看護技術や知識です。
臨床で働く看護師にとって、知識と技術は欠かせません。
しかし、現在は多くの医療機関において、ブランクのある看護師にプリセプターが1~2名つき、看護指導を行っています。
また、勤務時間内での研修を通して、看護技術の再習得が可能となるよう、配慮しているところもあります。
このように、研修や指導体制が万全な転職先を希望すれば、不安も少なく復帰できることが多いようです。
なお、転職エージェントを活用すれば、研修の内容や開催される時間や頻度について、詳しく情報提供を受けることが出来ます。

ブランクのある看護師が仕事に復帰する際に悩むのが、育児との両立です。
特に小さいお子様がおられる場合、子供の急な発熱で仕事を休むことも出てくるでしょう。
共働きで、周囲に育児を手伝ってくれる親戚がいない場合も少なくなく、職場の協力は必要不可欠です。
急に休むことになれば、看護師仲間に迷惑をかけてしまい、職場に居づらくなってしまうものです。
しかし、今ではそのようなママさん看護師も歓迎している職場がたくさんあります。
急なお休みが出来ても問題ないように、シフトを組んでいるところもあります。

ブランクがあると不安はつきものです。
しかし、サポート体制が整っている勤務先はたくさんあるので、最初から諦めずに、まずは転職活動を始めてみることが大切ですね。