看護師転職の失敗事例

転職した看護師の中には、転職に失敗したという意見も聞かれます。
現在働いている人にとって、退職と転職は大きなストレスになります。
失敗例にはどのようなものが多いのか、事例を参考にすることで、転職成功の参考になさってください。

転職失敗の理由で一番大きいのは、契約内容が違うという点です。
Bさんはクリニックで勤務していましたが、子供が小学校に上がったのをきっかけに、転職を決めました。
転職情報誌を見て待遇と給料に惹かれたため、某病院に自分で応募しました。
面接を経て、とんとん拍子に採用が決まりました。
希望の待遇と給料で転職できたと心を弾ませていたのも束の間、実際の待遇は異なるものでした。
確かに、給与は年収で30万円上がりましたが、夜勤回数は多く、残業や時間外研修によってプライベートな時間が激減しました。
残業の回数は面接で確認していましたが、口頭で確認したのみだったため、言った言わないの論争になることを避けるため、病院側には気持ちを伝えることが出来ません。
育児と仕事の両立が困難となり、疲弊しきったBさんは、結局仕事を辞めてしまいました。

これは、待遇や給与に惹かれて次の職場に転職したものの、実際は異なったという事例です。
契約前に、就業時の詳細を書面で確認しておけば、防ぐことができたトラブルでした。
また、転職活動に不慣れなBさんは、病院側に確認すべき点がイマイチ理解できておらず、不安な気持ちを抱えたままの転職活動だったことも問題だと考えられます。

他にも、転職失敗の事例としては、実際に働いてみると人間関係が悪かった、教育制度が整っていないといった声が聞かれます。
職場の雰囲気などは、働き始めてみないと実際にはわかりません。
また、転職時に確認しておく点も、細かい部分は忘れてしまいがちです。

このようなトラブルを回避するために、転職サポートのプロであるエージェントを利用することがお勧めです。
契約前後の書面の確認を一緒に行ってくれたり、入職前に職場の雰囲気を確認することも可能です。
数ある医療機関や施設、企業等の中から、自分の希望に合う転職先を見つけてくれます。
予期できない転職後のトラブルを回避するために、無料で利用できるエージェントを使うことも一つの方法ですね。