学校で看護を教えよう

看護師の働く場は、医療機関や介護施設、クリニックのみではありません。
これから看護師を目指す看護学生を指導する立場にある、看護学校の先生を目指してみてはいかがでしょうか。
看護師であれば誰しも、学生時代がありました。
学生時代に出会った教員の中には、今でも忘れられない教員や、自分のモデルナースになった教員もいることでしょう。
看護師としての経験を積んだ今、今度は自分が教員として、教壇に立つことを考えてみるという選択肢もあります。

学校の先生は、看護学校のみでなく、看護大学や短期大学があります。
また、介護の学校で看護師を募集しているところもあります。
多くの学校の場合、臨床経験5年を目安に、教員の募集をかけています。
看護専門学校の教員は、自分の専門医療領域の授業を行うことに加え、演習時の指導や、実習中の学生指導、病院との調整等を行います、
多忙な毎日ですが、何もわからなかった学生が日々成長していくのを見ることが、仕事のやりがいにも繋がります。
学生は、先生の臨床での経験を聞くことが大好きです。
先生の実体験を聞くことで、興味のなかった領域に関心が生まれ、卒業後の進路決定のきっかけとなることもあります。
現場での体験をリアルに語ることが好きな方は、授業で学生を惹きつけることが上手であること間違いありません。

毎年、全国のどこかでは看護大学が増設されています。
それに伴って、看護教員の募集も多く見られます。
大学の看護教員は、修士以上の学位を有していることを条件にしていることが多いようです。
大学では、学問としての看護を論理的に指導することに重点を置いているため、エビデンスを用いて論理的に物事を説明できる能力が求められます。
研究熱心で、幅広い教養と深い看護専門知識を用いて学生の指導に携わりたい方には、大学教員が向いていると考えられます。

専門学校でも大学でも、看護教員として未来の看護師を指導することは、とてもやりがいのあることです。
自分に恩師がいたように、今度は自分が学生の恩師となれるよう、スキルアップとしての教員を目指してみてはいかがでしょうか。