海外で看護師をしよう

看護師不足は、日本だけの問題ではありません。
今や世界中で、看護師の不足が問題になっています。
世界各国で医療技術が進歩し、人々の寿命が延びたことに比例して、医療従事者の需要も増えてきました。
しかし、需要に見合った看護師数が確保できないために、十分な医療を受けられない人がたくさんいます。

看護師のスキルアップを考えた際に、海外に出てみることも一つの選択肢として挙げられます。
世界のボーダレス化は進み、看護も国境を越えて、様々な国や地域で専門技術を提供できるようになりました。
日本の看護師資格は、いくつかの国との間で結ばれた協定によって、互換性がある場合もあります。
つまり、日本の看護師資格で海外でも働けるということになります。
国が違えば文化的背景や宗教、価値観も異なります。
未知の世界に飛び込むことは勇気がいることですが、看護師資格を世界で生かすことは、看護師としても一人の人間としても、自分が成長していく上で大きな糧になるでしょう。
しかし、海外で働く上でネックになるのが語学です。
どんなに優秀な看護師でも、患者さんの言っていることが理解出来なければ、必要な看護行為を行うことが難しくなります。
最低限、その国の日常生活で使用できる程度の語学スキルは身に付けておくべきだと言えます。

看護師資格の互換性のない国でも、NPOやJICA等のボランティア団体を通せば、看護行為が出来場合があります。
特に、アフリカや東南アジア等、医療者が慢性的に不足している地域に個人で足を踏み入れることは難しいと言われています。
しかし、このような団体を通せば、現地で看護師として活動することが可能です。
日本では絶対に得られないような経験をすることが出来ますし、そこで得た経験は、これからの看護に大いに役立つでしょう。
また、海外に出ることで、様々な志を持った医療従事者と出会うことが出来ます。
普段なら出会うこともないような人々と国境を越えて仕事をすることで、大きな刺激になります。

日本の看護に辟易している方や、刺激を求めている方には、思い切って海外に出てみることもお勧めです。