Archives

看護師転職の失敗事例

転職した看護師の中には、転職に失敗したという意見も聞かれます。
現在働いている人にとって、退職と転職は大きなストレスになります。
失敗例にはどのようなものが多いのか、事例を参考にすることで、転職成功の参考になさってください。

転職失敗の理由で一番大きいのは、契約内容が違うという点です。
Bさんはクリニックで勤務していましたが、子供が小学校に上がったのをきっかけに、転職を決めました。
転職情報誌を見て待遇と給料に惹かれたため、某病院に自分で応募しました。
面接を経て、とんとん拍子に採用が決まりました。
希望の待遇と給料で転職できたと心を弾ませていたのも束の間、実際の待遇は異なるものでした。
確かに、給与は年収で30万円上がりましたが、夜勤回数は多く、残業や時間外研修によってプライベートな時間が激減しました。
残業の回数は面接で確認していましたが、口頭で確認したのみだったため、言った言わないの論争になることを避けるため、病院側には気持ちを伝えることが出来ません。
育児と仕事の両立が困難となり、疲弊しきったBさんは、結局仕事を辞めてしまいました。

これは、待遇や給与に惹かれて次の職場に転職したものの、実際は異なったという事例です。
契約前に、就業時の詳細を書面で確認しておけば、防ぐことができたトラブルでした。
また、転職活動に不慣れなBさんは、病院側に確認すべき点がイマイチ理解できておらず、不安な気持ちを抱えたままの転職活動だったことも問題だと考えられます。

他にも、転職失敗の事例としては、実際に働いてみると人間関係が悪かった、教育制度が整っていないといった声が聞かれます。
職場の雰囲気などは、働き始めてみないと実際にはわかりません。
また、転職時に確認しておく点も、細かい部分は忘れてしまいがちです。

このようなトラブルを回避するために、転職サポートのプロであるエージェントを利用することがお勧めです。
契約前後の書面の確認を一緒に行ってくれたり、入職前に職場の雰囲気を確認することも可能です。
数ある医療機関や施設、企業等の中から、自分の希望に合う転職先を見つけてくれます。
予期できない転職後のトラブルを回避するために、無料で利用できるエージェントを使うことも一つの方法ですね。

看護師転職の成功事例

看護師の転職には、成功例と失敗例があります。
もちろん、成功か失敗かは、結果論でしかありません。
それでも出来るだけ多くの看護師が満足のできる転職ができるよう、成功例について取り上げてみます。

看護師のAさんは、専門学校を卒業後に地元の地域医療支援病院で勤務し始めました。
外科系の病棟に配属され、主に手術目的で入院してきた患者様に対して、周手術期の看護を3年間経験しました。
異動によって救急外来とICU配属となり、救急看護を2年間経験した後、自分のスキルアップを考えて転職を意識し始めました。
Aさんは、今の病院の給与に納得いかない点や、十分な看護研究をする環境が整っていない点、救急看護の専門看護師資格取得に対して病院のサポートがない点に、不満を抱えていました。
そこでAさんは、インターネットで見つけた看護師の転職をサポートする某転職エージェントに登録し、働きながら転職活動を始めることにしました。
休日や夜勤の前後などの空き時間を利用して、エージェントに電話やメールで自分が希望する条件を細かく伝えました。
数日後、エージェントから希望条件とマッチした転職先の情報を受け取り疑問点について何回か確認した後、面接を受けることになりました。
もちろん、働いている病院の休日を利用して、エージェントも同行の面接です。
面接では緊張しましたが、同行してくれたエージェントの方のフォローもあり、転職先に伝えたいことも十分伝えることが出来ました。
その後、転職先からは採用の返事をもらうことが出来、勤務先との調整の後、晴れて自分が希望する条件で働き始めることに成功しました。

Aさんの年収は50万円アップし、特定機能病院と指定されている大学病院で、看護研究を行う設備や施設が充実している環境で働くことになりました。
また、専門看護師資格取得に対する奨学金制度もあり、Aさんは早速専門看護師を目指して動き始めました。
転職後も、定期的にエージェントから連絡があり、就業状況について不安や不満がないかを聞かれています。
転職を決めた時から転職後までの無料サポートを活用して、希望の転職を成功させるのが理想的ですね。

看護師転職の最新事情

時代は少子高齢化社会を迎え、看護の基盤でもある日本の医療制度は大きな変革を求められています。
世界でも類を見ないスピードで進化し続ける超高齢社会と、日進月歩の最新の医療技術によって、日本人の平均寿命は毎年伸び続けています。
今後ますます必要になる医療・福祉に関わり、人々にとって一番身近な医療者である看護師の需要は、さらに高くなることが推測されます。
潜在看護師の発掘や、スキルアップを考える看護師の増加など、看護師の転職は今や珍しいものではなくなりました。
引く手もあまたという状況の中で、看護師転職の最新事情について解説します。

看護師の転職でほぼ主流になっているのが、転職エージェントの利用です。
看護は特別な専門知識が求められる職業であることから、転職エージェントには高い専門知識と、転職を成功させるためのノウハウを持ち合わせていることが必須となります。
転職の目的や条件は、人それぞれでしょう。
日々の看護業務が多忙な看護師にとって、時間に余裕がない中での転職活動は困難を極めます。
しかし、エージェントと二人三脚で転職活動を進めていくことで、自分の目的や条件に合った勤務先を容易に見つけることが可能になりました。

現在、看護師の転職をサポートするエージェントは多数存在しています。
競争が激化する中で、各々のエージェントはさらに高いサービスの質を追求し、一人でも多くの看護師転職を成功させようと必死です。
転職を考える看護師は、これらのサービスを有効に活用することで、自分が望む形での転職を成功させています。

また、今や看護師の活躍の場は医療機関だけに留まりません。
高齢者増加によって急増する介護施設や、働く母親の増加と共に増えてきた保育施設、疾病予防に力を入れる一般企業等が、有能な看護師を採用しようと必死です。
経験を生かして新しい分野の看護に挑戦したいと考えているならば、そのチャンスはたくさんあるでしょう。
そして、専門看護師や認定看護師の資格を取得してスキルアップを図りたいのであれば、それを全面的に支援してくれる勤務先も多数あります。
転職の最新情報をいち早くキャッチすることで、一人一人が持つ看護の力を存分に生かした転職は、十分可能なのです。